14

2020年2月12日    厚木基地周辺の市長と教育長へ申し入れ

    大切な学校行事を爆音から守ろう‼

厚木基地周辺住民は、米空母艦載機の岩国基地移転後も厚木基地を離着陸する航空機による爆音に悩まされ、市民生活のさまざな面で被害を受けております。
昨年の厚木基地滑走路から北1km地点での年間騒音測定回数は、いまだに13,764回を記録し、一か月の騒音測定回数は1000回を超えています。

このような中、3月上旬から4月上旬にかけては、小・中学校等の卒業式や入学式の時期であり、大切な学校行事が爆音によって一時中断する事態や式典の進行に支障を及ぼすことは避けなければなりません。
子どもたちの大切な学校教育に支障を与える爆音被害をなくすため、厚木爆同は厚木基地周辺自治体の市長と教育長に航空機の飛行自粛を米軍と日本政府に求めるよう要請しました。


*藤沢市長・教育長 2月12日、*海老名市長・教育長 2月12日、*大和市長・教育長 2月17日、*相模原市長・教育長 2月17日、*綾瀬市長・教育長 2月18日、*座間市長・教育長 2月20日、町田市長・教育長 3月12日。

13

2020年1月29日     厚木基地司令官へ抗議と申し入れ

    艦載機の連日多数機飛来に抗議‼

厚木基地から岩国基地に移駐した米空母艦載機が、1月14日から連日のように多数機で厚木基地に飛来して、激しい爆音を基地周辺住民に振りまいていることについて、さる1月29日に厚木基地を訪ね、厚木基地司令官に抗議と申し入れを厚木基地爆音防止期成同盟、第五次厚木基地爆音訴訟原告団、原子力空母の母港化に反対し基地のない神奈川をめざす県央共闘会議、かながわ平和運動センターの四団体で行いました。
艦載機は、1月14日に4機、17日には5機、21日には6機、そして申し入れを行っている最中にも5機が飛来してきています。
厚木基地周辺住民は、艦載機が飛来するたびに、頭を抱え、耳をふさぎ、そして怒りに震えています。
艦載機は、厚木基地周辺の住宅密集地での爆音被害が激しいことから、基地周辺住民の静かで健康な生活を害するということで、岩国基地への移駐を余儀なくされたにもかかわらず、未だに厚木基地を、しかも、従前と同じような頻度で使い続けることは人権無視の飛行であることや、沖縄本島沖に墜落した同型機のヘリコプター(厚木基地所属)の飛行中止を厚木基地司令官に申し入れを行いました。